y主にあっていつも喜びなさい

「主にあっていつも喜びなさい」
ピリピ人への手紙4章1節


だから、わたしの愛し慕っている兄弟達よ、
わたしの喜びであり冠である愛するものたちよ。
このように、主にあって堅く立ちなさい。
わたしはユウオデアに勧め、またスントケに勧める。
どうか、主にあって、一つ思いになってほしい。
ついては、真実な協力者よ。あなたにお願いする。
このふたりの女を助けてあげなさい。
彼らは、「いのちの書」に名を書きとめられているクレメンスや、
その他の同労者たちと協力して、福音のためにわたしと共に戦ってくれた女たちである。


あなたがたは、主にあっていつも喜びなさい。
繰り返して言うが、喜びなさい。
あなたがたの肝要を、みんなの人に示しなさい。
主は近い。


何事も思い煩ってはならない。
ただ、事ごとに、感謝をもって祈りと願いとをささげ、あなたがたの求めるところを神に申し上げるがよい。
そうすれば、人知ではとうてい測り知ることのできない
神の平安が、あなたがたの心と思いとを、
キリスト・イエスにあって守るであろう。

日曜日は礼拝にて聖書のメッセージをお伝えしています。どなたでもご自由にお越し下さい。礼拝案内はこちら